地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西条の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

西条の地域情報サイト「まいぷれ」西条市

オフィスのBCP対策~バックアップを確実にとりましょう~

 株式会社ニューウェイブのニュース

オフィスのBCP対策~バックアップを確実にとりましょう~
皆さんこんにちは、ニューウェイブ サポートチームです。
今回は前回に引き続き、オフィスのBCP対策について考えてみたいと思います。


BCP対策とは、企業が地震などの自然災害や事故など
予測不可能な緊急事態に見舞われた際に取るための施策です。
重要業務の被害を最小限に抑え、企業運営を滞らせないための行動指針で経営資源を守り、事業の継続や復旧を速やかに行うことを目的とします。

経営資源とは大きく【ヒト・モノ・カネ・情報】の4つに分類されます。
中でも情報を守るという視点での対策を、今回から数回に分け、以下4つの方法で考えてみたいと思います。

1・バックアップを確実にとる
2・データの破損を防ぐ
3・外部持ち出しできるデータの確保
4・物理的に機器を守る



1・バックアップを確実にとる


現在私たちの業務の多くでは、パソコンを使用し、多種多様なデータを扱うようになりました。
それらのデータは、人的ミス・物理的な故障・システムのバグ・ウイルス、そして災害など様々な要因で失われる危険性があります。

そのようなリスクからデータを守り、万が一データが破損してしまった場合にも、速やかに、かつ最小限の被害で業務を継続・再開させるための対策の一つが【データのバックアップ】です。

バックアップの一番簡単な方法は、必要なデータを手動で別の機器にコピーする事ですが、ファイル数が多く、毎日行う場合は非常に手間がかかってしまいます。
バックアップ用のソフトを利用することにより、毎日の負担を軽減させることができます。

・Windows搭載のバックアップ機能
 もともと搭載されているため、購入する必要がありません。
 最低限の機能しか搭載されていないため、自動でバックアップを取るには工夫が必要です。

・有償のバックアップソフト
 機能が充実しているものが多く、バックアップの自動化が容易です。
 半面、設定項目が多く、慣れが必要です。

次に、バックアップ先となる記憶装置についてですが、HDD、NAS、USBメモリーなど様々なものがあり、
容量や用途の違いで使い分ける事ができます。

・外付けHDD
 PCのデータを丸ごとバックアップできる程大容量です。
 衝撃に弱い、持ち運びには不向きという欠点がありますが、持ち運びを想定し、容量抑え、耐衝撃性をあげたモデルも登場しています。

・NAS
 ネットワークに接続できるハードディスクです。
 HDD等との最大の違いは、複数のパソコンから同時に接続できる事で、オフィスのPCのデータを一箇所にまとめてバックアップが可能です。用途に合わせ、機能も様々用意されています。

次回は【2・データの破損を防ぐ、3・外部持ち出しできるデータの確保】2種類の内容を案内します。
ぜひご覧ください。


株式会社ニューウェイブ
システム事業部サポート部セールスサポートT
担当:荒井、坂本
92-0003 愛媛県新居浜市新田町1-6-25
電話 :0897-35-2280 FAX :0897-65-3003
サービス・サポート[システム事業、モバイル販売事業、飲食事業、地域ポータル事業]

株式会社ニューウェイブ

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。